モビルスーツアンサンブルアンサンブル09レビュー ドム編

モビルスーツアンサンブル

MOBILE SUIT ENSEMBLE09レビュー ドム編

ザクと並んで人気の高いドムは過去に何度も立体化されてきた。ジェットストリームアタックはガン消し時代から定番のブンドド遊びなので今回のラインナップは必然とも言え、個人的にはやや遅いくらいだと思っている。

それでは、レビューに入ります。

【モビルスーツアンサンブル09ラインナップ】
・陸戦型ガンダム
・高機動試作型ザク
・ドム
・ホバートラック
・武器セット

ドム

【機体データ】
形式番号:MS-09
機体名:ネモ
パイロット:ガイア、マッシュ、オルテガ、その他
登場作品:機動戦士ガンダム
前回登場:ガシャポン戦士f15

まずは素立ちポーズ。
前回登場がガシャポン戦士f15と短いスパンでの登場となったが、大型化の恩恵をしっかりと受けており、特に頭部のクリアパーツが特徴的。

さすがにモノアイを動かす事は出来ないが、クリアパーツのバイザーが追加されたことにより、ガシャポン戦士fよりさらにリアルになった。

黒い三連星と言えば砂漠でのホバー走行が印象的だが、足の裏にはしっかりモールドが入っている。
余談だが、管理人は子供の頃砂場に良くガン消しを持って行きジェットストリームアタックのブンドドをやったものである。

スカート裏にもしっかりバーニアンがある。こういう見えない場所に手を抜かないと言うのは嬉しい配慮ですね。

足がマッチョすぎるので背中はややシンプル。

あまりに足の造形を意識し過ぎたのか、可動はやや狭い。

付属品はジャイアントバズ。

綺麗に担ぐことが出来ている。

ジャイアントバズ発射ポーズもしっかり決まる。

武器セット

アンサンブル9弾の武器セットはほぼすべてが陸戦型ガンダム用だが、ヒートサーベルがドム用に入っている。

いつも通りクリアだが、クリアカラーのスプレーで簡単に塗装できるようになっている。

闇に潜む漆黒の星

それでは、バトルポーズに入ります。

「ジェットストリームアタックをかける。行くぞ、マッシュ、オルテガ!」

ガンダムを翻弄する黒い三連星。

「陣形を乱さずに敵を叩け!」

「もらったー!」
ヒートサーベルで斬りかかるドム。

「覚悟は良いな!」
フル装備状態のドム。

マッシュ散る・・・。

アンサンブル09弾 ドムの凄いところ

〇バイザーパーツがクリア。
〇色分け良好。
〇足の裏のモールドやスカート裏のバーニアンが良い仕事をしている。
〇全体的にモールドがしっかり入っているので大型な機体ながら引き締まっている。

アンサンブル09弾 ドムの残念なところ

×ジャイアントバズの肉抜きが気持ち悪い。
苦し紛れに遠目にはバズーカの凹凸に見えるように工夫されているが、やっぱり肉抜きが多すぎて気持ち悪い。気になる場合は他の機体のバズーカを使った方が良いだろう。

まとめ

ドム本体は各所にドムらしさが散りばめられており造形も良く特徴的な足がしっかりと再現されているのだが、問題のジャイアントバズは肉抜きが多すぎて気持ち悪いという難点がある。しかし、機体本体に相当気合が入っているので、この弱点はそれほどマイナスポイントではない。

モビルスーツアンサンブルは去年から再販ラッシュをかけており、現在7弾の再販が確定している。ドムは3体揃えてこそのドムなので、ぜひ9弾も再販して欲しいところである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました