アクアシューターズ10弾レビュー

アクアシューターズ

AQUA SHOOTERS!10 レビュー

ガシャポンで手に入る8センチフル可動フィギュアと言うコンセプトで始まったアクアシューターズも10弾を迎え、ブランド力も高まってきている。アクアシューターズの派生シリーズとしてガシャポンクエストが生まれるなど順風満帆に道を歩んできた。

しかし、ここに来て円安や物価高等、政治の失敗による煽りを受けてしまったのか、新弾発売が年1回と言う悲惨な状況に陥ってしまう。そんな不安真っただ中の状態でアクアシューターズ10弾は発売となった。それでは、レビューに移ります。

AQUA SHOOTERS!10 ラインナップと特徴

【アクアシューターズ10弾ラインナップ】
・田川みわ
・渡辺としこ
・小出みやこ
・オプションセットA
・オプションセットB(クリア)

アクアシューターズ10弾の特徴は「原点回帰」。武器セットにハンドガンからライフル、ショットガンまで様々な火器がラインナップされており、1弾を彷彿とさせる。10弾という節目の弾だからこそ、3人の女の子にたくさんの武器というアクアシューターズシリーズが開始した初期の気持ちを忘れずに大切にしたいというの意思が込められていると担当者の公式Twitterでは語ってくれていた。

もう1つの特徴は田川みわの仮面。オペラ座の怪人のような謎の仮面が付属し、シリーズ初の「仮面の女」が登場した。田川みわはちょっと幼い顔つきなのに対し、仮面は不気味そのものなので、幼さと不気味さというギャップを楽しめる。

田川みわ

薄いブルーの髪の毛に赤い瞳が特徴的な田川みわちゃん。

他の女の子と比較すると顔つきがやや幼く、高校生には見えない。

ツインテールは可動こそしないものの、別パーツになっている。

付属品は標準の銃、仮面を挟むために少し隙間の空いている髪の毛、そして仮面。

仮面を髪の毛にセットし、髪の毛ごと付け替える方式になっている。

何という事でしょう!
あの可愛い田川みわが仮面をつける事による一瞬にして不気味な雰囲気に変わった。

「我が宴へようこそ!」
ガンダムの仮面の男と違い、顔全体を覆う覆面のような仮面になっている。雰囲気はまさに不気味そのもの。これで武器とか持ってたら完全に犯罪者風になってしまう。

ライフルを持たせると相当危険な感じになる。

「野郎ども、やっちまえ!!」
どう見てもマフィアのボスっぽいイメージ。

やはり仮面が無い方が可愛いけど、このギャップがたまらない。

渡辺としこ

渡辺としこちゃんは元気そうな赤毛の女の子。

スポーツが得意な女子高生と言った感じかな。

後ろはそれほど作り込まれていない。

強引につければ例の仮面を装備することはできるが、髪の毛が不安定になるので、やはり仮面は田川みわ専用の様子。

付属品はオーソドックスな銃。

元気いっぱいの女の子と言うイメージなので、水鉄砲を構える姿も良く似合う。

可愛くて優しい雰囲気の渡辺としこちゃんはアクアシューターズ10弾の中では一番管理人好みな女性。こういう子大好きなんだよね!

小出みやこ

小出みやこちゃんはおっとりした雰囲気で知的なお嬢様風。

ロングヘアーがとても似合っている。

後ろ姿も気品に溢れているよう。

オプションは銃とメガネ。

メガネをかけると一気に知的な雰囲気になる。

「総員、戦闘配置につけ!」
アクアゲームでも前線で戦うより仲間を指揮して勝利に貢献する頭脳担当なのだろ。

「敵陣へ奇襲攻撃を敢行する。作戦開始!」

武器セット

武器セットは原点回帰という事で、ライフルとショットガン、ハンドガン3種、そしてベストというラインナップ。

ベストには銃をマウントするポイントがたくさん設けられている。

好みの場所にマウントできるようになっているのでとても遊べる。

これで仮面を装着すると完全にデストロイヤーじゃん!

アクアゲーム、戦闘開始!

それでは恒例のバトルポーズに移ります。

「各員、持ち場に付け!ミッションを開始する。」
「了解!みやこは作戦指揮を頼むぜ。」

「Let’s showtime!!」
「ド派手にやろうぜ」

「敵に制圧射撃をかける!」

「ここはあたしに任せろ!必殺アサルトライフル連射ー!」

「作戦成功!総員、指定ポイントまで後退せよ。」

まとめ

唯一無二の仮面の女、田川みわちゃん、元気いっぱいの健康少女、渡辺としこちゃん、知性溢れるお嬢様、小出みやこちゃんの3人をメインとし、たくさんの火器と様々な場面で使えそうなベストがセットになった武器セットで構成されているアクアシューターズ10弾。原点回帰という基本理念を崩さず、1弾の内容を超える事が出来たのではないでしょうか。

冒頭で述べたように、政治の失敗によりガシャポンを取り巻く情勢は非常に悪く、円安や物価高によりブランドの維持が難しい状況に追い込まれていると度々公式Twitterでは担当者が嘆いていたが、10弾まで発売にこぎ着けたのでアクアシューターズと言うブランドを終わらせないで貰いたいと願うばかりです。当サイトでは今度もアクアシューターズやガシャポンクエスト、デスクトップアーミーと言った8センチフル可動フィギュアを応援していく予定です。

販売情報

ガシャどこを見る限り、2023年9月現在、アクアシューターズ10弾のカプセル版は完売した様子なので、今から欲しい場合はネット通販がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました